脱毛器ケノンの口コミ公開!!評判を教えます≪期間限定≫

脱毛器を買いたいと思うのですが、おすすめはありますか?

もともと乾燥肌タイプの人は、光エネルギーから熱を利用するレーザー・フラッシュなどの脱毛処理の影響で、ますます症状を悪化させてしまう事があるようです。皮膚表面に熱を与えて毛根にダメージを与えますから、どうしても皮膚の乾燥を促してしまうのは仕方のない事ではあります。特に同じ箇所に重ねて照射してしまった場合は、その症状は顕著に出ます。では、せめてその症状を軽く保ったまま処理ができる脱毛器にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ようは皮膚に熱エネルギーが照射している時間や、そのレベルが調整できるのがベストな脱毛器だと言えるでしょう。例えば、最新の家庭用脱毛器「ケノン」の場合、連射数を「1ショット」「3連射」「6連射」と選択できるようになっています。同じ強さの熱エネルギーをどれだけ分散してあてるかという事ですので、乾燥肌や敏感肌の人は6連射モードを選択するのがお勧めのようですね。一度に強いレベルであてなくて済みますから、お肌への負担が軽減されるようになっています。

 

 

また、「ケノン」や「イーモリジュ」は業界最大の10レベルまで光の強さを調整できますので、肌が慣れるまでは微弱なレベルから開始するという方法も選択できます。照射スピードも「イーモリジュ」「ケノン」ともに最速を誇っていますから、だらだらと肌へ照射させている時間も短い=肌の過乾燥のダメージも少ないというメリットがあります。また、「ラヴィ」もエステなどで導入されているIPL光方式を採用しています。このIPL光方式は、肌のシミやくすみを軽減させる効果もありますので、乾燥によるダメージも少ないと言われています。

 

肌をいたわりながら脱毛できるという事で、こちらも人気商品のようですね。このように最近では乾燥肌や敏感肌でも使えるような家庭用脱毛器がメインとして販売されています。しかし、やはり乾燥を防ぐのであるなら、使用中もしっかり冷却パッドや冷たいタオル等で冷やしながら脱毛を行う事がお勧めですし、保湿ローションなどでのアフターケアは万全にしておくべきです。脱毛時だけではなく、日頃からしっかりと保湿ケアを行っておけば処理後の肌トラブルは大幅に改善されます。乾燥している場合は脱毛時の傷みも強く感じてしまうため、このような日頃の保湿ケアは痛みの軽減にも繋がりますよ。